2008年04月10日

大阪市立初の中高一貫校

4月に開校した大阪市内の公立校で初めての中高一貫校「咲くやこの花中学校・高校」(此花区)で8日午前、第1期生の入学式があり、中高の新入生計319人が真新しい校舎で学校生活のスタートを切った。

式典で前川聖樹校長(57)が「目標に向かい何ごとにも積極的に取り組むことなどを心掛けてください」とあいさつ。中学1年の新入生代表、赤口雄亮君(12)が「仲間を大切にし、恵まれた環境を生かして6年間頑張ります」と抱負を述べた。

同校は中学の選択学習として「理工」「言語」「スポーツ」「芸術」の4コースを設置。高校ではロボット工学や人文科学など6コースを用意し、専門性の高い授業が受けられるのが特徴だ。中学は定員80人。入試の倍率は約14.8倍と人気を集めた。

posted by 受験オタク at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 公立中高一貫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13840342
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック