2006年12月05日

中学受験準備「四谷大塚リトルスクール」

四谷大塚では中学受験準備として、小学校入学直前の2月〜小学3年2月までの生徒を対象にリトルスクールとして、直営校で開講しています。1クラスの定員は、1年生約10名、2年生約12名、3年生約15名に対して、担任講師1名とフォロー講師1名がつき、コマ数は、

1年生 週1日 75分×1コマ 算数・国語
2年生 週1日 75分×1コマ 算数・国語
3年生 週2日 75分×1コマ 算数・国語

反対語かるた、漢字ビンゴや割り算すごろくなどを使い、「遊ぶように学ぶ」をコンセプトとし、知識の詰め込みをするのではなく、知能を伸ばす事で学習能力を伸ばし、受験体制になる4年生のクラスへとつなげていくのが目的です。

四谷大塚の言う「知能」とは、「知能因子」「認知」「拡散思考」「集中思考」「評価」「記憶」を指すようです。

リトルスクール紹介ビデオ
また、小1年生〜3年生までの通信教育として、「リトルくらぶ」があります。リトルスクールの通信教育版と言ったほうがわかりやすいかもしれませんね。通信教育版では、講師に代わり両親がこうしとなりますが、「父母用指導書」があり、「この問題はどういうカを身につけさせる問題なのか?」など、出題意図まで詳しく書いた指導書がついています。家庭ではいかに怒らずに「遊ぶように学ぶ」ができるかが課題となるでしょう。
posted by 受験オタク at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学受験事情
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1972119

この記事へのトラックバック