2007年01月27日

「がんばれ受験生!」お菓子業界もここぞとばかりに

PJ 2007年01月27日】パブリック・ジャーナリスト 山本 宏樹【東京都】

今年も受験シーズンがやってきた。センター試験が終了した今、受験生たちの追い込みも大詰めを迎えている。そんな彼らを応援するかのように、コンビニやスーパーには縁起を担いだお菓子がずらりと並んでいる。

「ポッキー(吉報:キッポー」)「キットカット(きっと勝つ)」、「ウカール」、「キシリトール(きっちり通る)」、「キャラメルコーン(かなえるコーン)」など、受験生たちの心を最後につかむのは「縁起物」なのかもしれない。

数年前から比べると、お菓子の種類は増え、売り場をにぎわしている。2001年から「ウカール」を販売している大手食品メーカーの明治製菓も2005年12月から「ハイレルモン」の販売を開始した。同社には「ウカールを食べて受験に受かりました」という喜びの手紙が届くこともあるという(同社広報)。パブリック・ジャーナリスト 山本 宏樹【東京都】
posted by 受験オタク at 12:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 中学受験事情
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3190626

この記事へのトラックバック

中学受験に役立つ本
Excerpt: TB失礼します。中学受験向けの問題集、偏差値、学校情報に役立つ本をまとめました。
Weblog: 中学受験に役立つ本
Tracked: 2007-01-29 13:29