2010年01月14日

兵庫県内私立中学の出願者数8年ぶり減少 

2010年度の兵庫県内の私立中学校入試で、出願者数が計1万2262人と、09年度入試の同時期より1200人以上減っていることが13日、分かった。
 
平均倍率も0・29ポイント下がった。近年は中学受験熱の高まりで増加傾向が続き、減少は8年ぶり。県私立中学高等学校連合会は「長引く不況や公立高校授業料無償化で、公立志向が高まった結果では」とみている。
 
同連合会が、13日午前10時時点の出願状況をまとめた。出願を締め切った学校もあり、大半は16日に入試初日を迎える。
 
10年度入試の募集定員は35校計4595人で、昨年度から35人増加したが、出願者数は計1258人減少。減少に転じるのは02年度入試以来で、09年度入試は前年度比330人増、08年度入試は同712人増だった。
 
連合会によると、出願者数が減った主な学校は、親和310人▽武庫川女子大付属257人▽啓明学院177人▽甲南147人▽六甲122人。

学校別の倍率が高かったのは、甲南女子(B日程・スタンダード)18・30倍▽六甲(B日程)16・38倍▽関西学院(B方式)13・30倍—など。

同連合会は、15年以降増加し続けていた志願者数が大幅に減ったことについて、新年度から実施される公立高校無償化政策が影響していると考えられる—と分析。「多少の減少は予想していたが、数字を見て驚いている。全国的傾向だと考えられるが、衝撃を受けた」としている。

関西学院、六甲、神戸女学院など10校はすでに出願を締め切っている(13日締め切り分まで。倍率は変わる学校あり)。16日に生野学園と近代豊岡をのぞく33校で入試が行われる。

posted by 受験オタク at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西

2007年02月16日

立命館の中高一貫校計画 09年開校を岐阜市に提案

 学校法人立命館(京都市)が岐阜市に中高一貫校の設立を打診している問題で、立命館が2009年度の高校開校を市側に提案していることが15日、分かった。具体的な運営方針が提案されたのは初めて。市立岐阜商業高の移管を求めており、岐阜市は市議会にも説明しながら、協議を進める方針。

 提案によると、校名は「立命館岐阜高校」。校地と校舎を確保するため、市岐商の移管を要請している。男女共学の普通科で、理数系教育と国際化教育に力を入れる。定員は960人。10年度には中学校(定員480人)も併設する。

 また、市内の中学校から成績上位者を推薦入学で受け入れる。さらに市内在住で成績優秀な生徒は奨学生として学費の3割を減免。卒業後は、立命館大、立命館アジア太平洋大へ進学する。

 一方、市岐商は高校開校に合わせて募集を停止し、在校生を立命館岐阜高が引き継ぐ。了解が得られれば、市岐商同窓会も継承するとしている。

 立命館は提案を認め「より良い教育の実現のため、協議を進めたい」と主張。岐阜市は「提案があったのは事実だが、今後についてはコメントできない」としている。

 計画は、市岐商の移管の是非などをめぐって市議会が反発。市は立命館との連携・協議を研究するための覚書締結を断念した。しかし庁内で立命館との連携について検討を続けている。
posted by 受験オタク at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西

2007年02月14日

家庭学習や読書量4年前上回る 県教委調査

2007-2-14 長野日報
県教育委員会は13日、県内の小学生から高校生までの児童生徒や保護者を対象に行った生活.学習意識実態調査の結果を公表した。前回調査した4年前に比べ、家庭学習の時間や読書量が増加するなど、学力向上への意識の高まりがみられた一方、高校生の約半数が家庭学習や読書を行っていない実態も明らかになった。

 調査は1990年から3―4年ごとに行っており、今回で5回目。小学生(2、4、6年)、中学生、高校生とその保護者から抽出した約2万1000人を対象に、昨年7月に調査した。

 これによると、平日の家庭学習時間は、中学生は1時間以上が30.6%が最多で、前回と比べ1.3ポイント増加。1時間半以上が17.5%で2.8ポイント増、2時間以上が12.3%で2.5ポイント増、2時間半以上も4.1%で0.9ポイント増。一方で1時間以内は20.5%で4.6ポイント減。「ほとんどしない」も9.2%で4.2ポイント減った。

 高校生も1時間以上が15.3%で2.3ポイント増、1時間半以上は7.1%で0.4ポイント増、2時間以上は7.3%で1.3ポイント増などと増加傾向にある一方、「ほとんどしない」と答えたのは前回から4.6ポイント減少したものの46.9%で、依然として半数近くに上った。

 1週間当たりの読書量では、小学生は1冊から2冊と答えたのが37.7%で最も多く、中学生も前回を1.2ポイント上回る45.4%で最多。高校生は35.4%で5.6ポイント増えたものの、「ゼロ冊」が47.4%で最も多かった。

 また小学生の26.1%、中学生の40.5%、高校生の14.7%が塾に通っていることが分かった。通塾の理由について、中学生の約6割が学力向上や弱点克服を挙げた。保護者は「子供の希望」が39.1%で最多。「学校の勉強では足りない」25.4%、「家では勉強しない」20.5%と続いた。

 保護者が学校に期待すること(複数回答)は、前回49.8%で最多だった「個性や良い点を伸ばしてほしい」が35.7%で2番目に。これに対し「基礎学力をつけてほしい」が41.6%で最も多くなった。
posted by 受験オタク at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西

2007年02月09日

女子高の倍率低下に歯止めがかからない

京都新聞
京都府内の私立高入試が9日からスタートする。少子化が進む中、全体の倍率は前年並みを確保したが、有名私大の系列高が新たに参入して波紋を広げ、女子高の苦戦が目立った。難関大進学を目指す受験指導コースも乱立。「大学全入時代元年」と言われる中、大学の人気、不人気がこれまで以上に私立中高の受験事情に反映している。

今年一番注目されたのは、京都成安中高から京都産業大の系列校に変わる京産大付属中高(京都市上京区)だ。中学では70人の定員に818人が志願者し、倍率は11倍を超えた。高校でも台風の目になるかと思われたが、倍率は1・8倍に落ち着いた。

同校開設準備室の辻村健治教諭は「説明会では、本校にふさわしい向学心を持った生徒に来てほしいと伝えた。高校は定員割れもやむなしの覚悟で臨んだ」といい、塾関係者らに合格レベルが高いとみられ、受験層が絞られたようだ。

今春の入学生が新設校の卒業1期生となるだけに、優秀な生徒を集めて大学進学実績を上げ、ブランド化を押し進める戦略と塾関係者はみる。

一方、女子高の倍率低下に歯止めがかからない状態だ。

ノートルダム女学院中高(左京区)は、中学では志願者を増やしたが、高校は定員80人に対し28人しか集まらなかった。平安女学院中高(上京区)や聖母学院中高(伏見区)も、中学では健闘するものの、高校は倍率が1倍を切った。「中高一貫教育へのニーズは高まっているが、高校、特に女子高の魅力をいかに伝えていくかは大きな課題」とノートルダム女学院の鎌田論珠校長は話す。

同校にも系列の女子大があり、高校からの入学者は内部進学できる安心感を求める志向があったという。だが「大学全入時代を迎え、その安心感が魅力ではなくなった」と漏らす。ブランド力のある有名私大を系列に持つ高校との間で「二極化」が拡大しつつある。

さらに、中学受験は、大学進学までを見通して受験する層のほか、ゆとり教育導入以降の公立中の学力や生徒指導面への不安から私立を選ぶ層も加わり、前年を上回る倍率で、受験の低年齢化はいっそう進んでいる。
posted by 受験オタク at 14:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 関西

2007年02月07日

同志社香里中の入試で採点ミス、2人を追加合格

2007年02月05日 asahi.com
大阪府寝屋川市の同志社香里中学校(生井武世校長)は5日、1月20日にあった入試で採点ミスがあり、不合格者2人を新たに合格とした、と発表した。

同校によると、採点ミスが見つかったのは算数で、バスや鉄道の時刻表から、所要時間などを考える2つの問題(各6点分)。うち1問については問題作成の過程で問いの趣旨を変更しながら、採点時の模範解答を修正しなかった。別の問題では、2つある正解を、1つだけとした。

1月20日にあった一般入試は421人が受験。翌21日、235人の合格者を発表した。2月1日になって神戸市に本部を置く進学塾から採点についての問い合わせがあり、ミスがわかったという。採点し直した結果、受験生2人を追加合格とし、保護者らに謝罪する一方、合格していた別の学校に支払った入学金など計約90万円分を全額弁償したという。

入試問題の作成は数学科の専任教師10人が担当。西山啓一教頭は「問題作成とチェックを同じメンバーでしたため、誤りを見抜けなかったと考えられる。体制の整備を進めたい」としている。
posted by 受験オタク at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西